越前市の伝統的工芸品
「越前和紙」「越前打刃物」「越前箪笥」
の手仕事に触れるまち歩き

コース紹介

開催:

2019年9月28日(土) 13:30~16:00

このコースの受付は終了しました

織物の神様が眠るまち 今立・朽飯(くだし)を歩く

織物の神様が眠るまち 今立・朽飯(くだし)を歩く
織物の神様が眠るまち 今立・朽飯(くだし)を歩く
織物の神様が眠るまち 今立・朽飯(くだし)を歩く
織物の神様が眠るまち 今立・朽飯(くだし)を歩く

[ 実施概要 ]

2019年9月28日(土)

13:30~16:00

定員:15名

距離:約1km

所要時間:約2時間半

参加費:1,000円

集合場所:朽飯八幡神社・大門鳥居/所在地:福井県越前市朽飯町21-33

駐車場:お申込み後、別途ご案内致します。

[ コースの工程 ]

〈13:30〉朽飯八幡神社大門鳥居前(集合) - 〈13:45〉朽飯八幡神社境内(見学) - 〈14:30〉朽飯八幡神社宝物殿(見学) - 〈15:00〉おやつ休憩(境内) - 〈15:30〉福田ネット(見学) -〈16:00〉朽飯八幡神社山門(解散)

コース紹介

明治20年代に始まった羽二重製織を機に、大正期には全国生産トップシェアを誇った福井の絹織物。今なお、”繊維王国・福井”の異名をとるルーツが越前市北部のまち・朽飯町にあります。広大な敷地を誇る朽飯八幡神社は、織物の技術を伝えたとされる織物の神様が祀られています。周辺には豪族の古墳が点在し、古代から織物で栄えた地域の繁栄を物語っています。織物のまちの古代ロマンを一緒に探検してみませんか。

 

服部郷・朽飯エリア

 

(写真は左が朽飯八幡神社鳥居、右が境内)

かつて繊維産業の発展を牽引した地域。「朽飯八幡神社」には、約1500年前に百済からこの地に渡り、織物の技術を伝えた姫様が祀られており、この地は繊維産業の聖地とも言えます。

 

(写真は左が織姫のご神像、右が神社近くで創業する福田ネット)

 

お楽しみポイントとおすすめコメント

●織姫が眠る朽飯八幡神社を宮総代がご案内
●特別に宝物殿を公開
●参道で創業する機織り工場見学
●地元のおやつ付き

(写真は地元のおやつ・新珠製菓の「羽二重の街」)

 

 

 

 

 

※告知チラシを見る

 

 

※現地集合・まち歩きツアー

 

[集合場所MAP] 朽飯八幡神社・大門鳥居/所在地:福井県越前市朽飯町21-33

 

 

Page TOP